識字・日本語センター

狭山の新証拠分析から ~狭山事件を識字研究発展の立場から捉える~

(一社)部落解放・人権研究所 第3研究部門 人権教育・啓発の調査研究 識字・成人基礎教育研究会 公開研究会

狭山の新証拠分析から
~狭山事件を識字研究発展の立場から捉える~

日時:2022年2月26日(土)13:30~16:00

報告者 森 実

(識字・成人基礎教育研究会代表,大阪教育大学名誉教授)

 

この公開研究会では、狭山事件を「識字」という観点から論じ、捜査や裁判の過程にある問題を追究します。検察から開示された新証拠にもとづいて、いろいろな点が明らかになりました。たとえば、逮捕当時の石川一雄さんの文章には、句読点(点や丸)がほとんどありませんでした。その一方、実際に使われた脅迫状は、ほぼ完璧に句読点を使いこなしています。また、当時の石川さんはひらがなも満足に書けませんでしたが、脅迫状では、使う漢字の音や意味をわかったうえで当て字を用い、被害者を意図的に、より脅迫しようとしています。
森実・鑑定書では、1955年に日本政府が実施した「国民の読み書き能力調査」の報告書を参考に、こうした点を説き起こしています。この調査は、石川さんを含む世代の人たち(当時の15-24歳)の読み書き能力をていねいに調査・分析し、調査対象者のなかで十分な読み書き能力をもたない人たちが5-7割に達していたことを示しました。
ぜひご一緒に、狭山事件と識字問題の関わりを考えてみませんか。


【実施方法】会場実施+オンライン配信(使用ツール:Zoomミーティング)
【会 場】住吉住宅集会所(大阪市住吉区帝塚山東5-6-1)南海電車「住吉東」駅下車、北東へ約300m
【定 員】会場参加 30名(先着順)
【参加費】無料
【申込締切】2月24日(木)


申込み方法・問い合わせ先

●下記URL・右記 二次元バーコードより、フォームにてお申し込みください。
https://ws.formzu.net/dist/S43342951/
※申込みフォームをご利用できない方は、下記事務局宛に、①名前、②所属、③メールアドレス、④希望される参加方法(会場参加またはオンライン参加)を添えてメールまたはファックスでお申し込みください。オンライン参加を選択された方には、お知らせいただいたメールアドレス宛に、前日の17時までに資料・参加アクセス情報をお送りします。

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては オンライン開催のみとします。

【事務局】(一社)部落解放・人権研究所(メール:kenkyubu@blhrri.orgファックス:06-6581-8540電話:06-6581-8572)


★公開研究会チラシデータ