識字・日本語センター

基礎教育保障学会第4回研究大会

8月31日 フィールドワーク(京都市崇仁地区)/定員40名・先着順) 
「崇仁の歴史・現在・未来と識字への思い ―被差別部落における人権のまちづくりと基礎教育の実践に学ぶ」

9月1日 研究大会(会場:京都教育大学 藤森キャンパス)
特別報告「教育機会確保法の見直し作業の現状と夜間中学増設の動向」
岡田敏之さん (京都教育大学)

全体シンポジウム
「困難な状況にある子どもたちと基礎教育保障」
 近年「不登校」や「貧困」等を背景とする、教育を十分に受けることができていない子どもの問題が少しずつクローズアップされてきています。基礎教育から疎外される子どもたちの問題は決して過去のことではなく、まさに現在の課題であり、本学会が取り組むべき重要なテーマの一つです。
 そこで今回の研究大会では、貧困等の困難な状況にある子どもや障害のある子どもの支援に取り組ん
できたNPOの実践、および教育と福祉の連携に関する学校教育の立場からの研究の報告を受け、子どもの基礎教育を保障する際に求められる教育の内容やシステムのあり方等について議論を深めます。

村井琢哉さん(NPO法人 山科醍醐こどものひろば理事長)
地主明広さん(NPO法人 そら理事長)
髙田一宏さん(大阪大学大学院人間科学研究科 教授)


9月1日研究大会プログラム
8:30~      受 付
9:00~10:00 総 会
10:00~10:20 特別報告「教育機会確保法の見直し作業の現状と夜間中学増設の動向」
10:20~10:30 休 憩
10:30~12:30 全体シンポジウム「困難な状況にある子どもたちと基礎教育保障」
12:30~14:30 昼食・ポスター発表
14:30~17:00 自由研究発表・実践報告
17:30~19:30 交流会


【参加費】
会員1,000円、非会員2,000円(識字・日本語教室及び夜間中学の学習者は無料)、 大学生・大学院生500円
★フィールドワークは別途1,500円、交流会は3,500円必要

【申し込み方法】
7月31日(水)までに①名前、②所属、③連絡先(電話番号等)、④交流会の出欠を記入
のうえ、taikai@jasbel.org までメール送信してください。
★手話通訳・一時保育(9/1のみ)をご希望の方は、大会参加申込の際に明記してください。

基礎教育保障学会第4回研究大会 実行委員会
京都教育大学 教職キャリア高度化センター
岡田敏之研究室内(京都市伏見区深草藤森町1番地)
★お問い合わせ等はできる限りメールでお願いします
メールアドレス taikai@jasbel.org
電話番号 075-644-8214