識字・日本語センター

解放へのオガリを沖縄へ! 解放へのオガリ沖縄への旅プロジェクト

大阪市にある住吉地区のシンボル「解放へのオガリ」は1977年2月に完成し、住吉解放会館(現在:市民交流センターすみよし北)の大壁面に設置されました。沖縄県出身の彫刻家・金城実さんが制作したもので、高さ12.3メートル、幅7メートルの母と子のレリーフです。 それから40年、大阪市は2016年3月末をもって市民交流センターすみよし北を閉鎖しました。そして今年、市民交流センターすみよし北の解体が始まります。 私たちは、「解放へのオガリ」を沖縄に移設し、後世に残したいと考えています。 沖縄移設には約800万円の経費がかかります。 移設にむけてのカンパにご協力をおねがいします!

*参同人・募金を募集しています!
目標額 800万円(沖縄での設置費は含まず)

【カンパ振込先】
●金城実事務局
郵便振込 00990-1-82466
●部落解放同盟大阪府連合会住吉支部
ゆうちょ銀行 店名 四○八 普通預金 7605208
【連絡先】
●部落解放同盟大阪府連合会住吉支部
大阪市住吉区帝塚山東5−6−15
担当:友永 TEL:06-6674-2521 FAX:06-6674-2522
●金城実事務局
茨木市穂積台9-104
辻田(TEL/FAX 072-626-4501 tsujita1939@jcom.zaq.ne.jp)
服部(TEL 080-1434-1652 info@hattori-ryoichi.com)