おおさか識字・日本語センター

センターとは

おおさか識字・日本語センターは、2002年に識字・日本語センターとして開設し、2006年「おおさか識字・日本語センター」と改称。大阪府、大阪市、堺市、(財)大阪府人権協会、識字・日本語連絡会の協力と連携で運営してきました。大阪府をはじめ行政からの補助金などで、識字・日 本語にかかわる相談や情報の発信など7つの機能を果たすために、行政との協働で運営されてき ました。

しかし、2008年、大阪府財政再建プログラムが発表されると、2009年度からセンター に対する行政からの補助金がなくなりました。
その後は様々な事業委託や補助などを活用しながらセンターを継続する努力を重ねてきました が、ここ数年は専従職員も1人だけという厳しい状況が続いていました。そして2015年は、今までの方法も限界となり、専従職員が置けない事態となりました。

 

私たちは、大阪府識字施策推進指針にもしっかり書かれている「おおさか識字・日本語セン ター」の役割は益々増大していると考えています。 そこでボランティアが集い、できることを縮小してでも、センターを継続することを決定しました。

具体的には、

1センターのホームページで「教室情報」などを今までどおり提供すること
2ホームページで様々な情報発信につとめること
3行政との各種会議を開き、教室運営者の声を代弁すること
4これからは識字・日本語連絡会との連携を以前にも増して取りつつ、民間団体として活動 を展開する ということを基本とします。

ボランティアで運営しますので、毎日の活動は無理となりました。 細やかで素早い対応はできないかもしれませんが、おおさか識字・日本語センターの灯を消す ことなく守っていきたいと思っていますので、以前にも増したご支援とご協力をお願いいたします。

 

2015年度からセンター事務所には職員が常駐しておりません。

■現在の状況
1おおさか識字・日本語センターのあるHRCビルに来られても、相談、問い合わせ、 資料の閲覧などには応えられません。
2おおさか識字・日本語センターに電話されてもつながりません。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了解をお願いします。

 


7つの機能

○教材の作成・提供

○相談活動

○情報の収集・提供・発信

○ネットワーク化の推進

○啓発資料の作成・提供

○調査研究とその成果活用

○人材の養成